傾向予測

埋没法は、瞼を二重に整形する際に用いられる施術法です。この方法では皮膚の切開を行わずに、糸を使って皮膚を形成する事によって仕上げるというのが最大の特徴となっています。 近年は特に女性において、整形手術を希望する年齢層が広がる傾向にあります。皮膚を切開しない故にリスクを低減出来る埋没法は様々な人に適用出来るので、こうした状況に適っていると言えます。また施術時間も短めである事から、整形手術自体を初めて受けるケースであっても比較的心理的抵抗が少ないと考えられ、初心者向けの施術とも考えられます。 ですので今後の傾向としては、更に施術事例が増加して行くと共に施術に関する技量も発達して行くと考えられる整形技法の1つと言う事が出来ます。

埋没法は比較的低リスクではありますが、永続的にその効果が確実に保証されるという施術法ではありません。施術後の時間経過により、糸による結着が緩む事によって瞼が二重から戻ってしまう事も考えられます。また再施術を希望した場合、前回の糸と皮膚の癒着が見られる事から僅かながら失敗のリスクが上昇してしまいます。またそもそも、体質によっては糸が合わずに瞼が炎症するというケースも見られます。 従って、埋没法は1回の施術で極力長く効果を持たせるという事が大きなポイントとなります。長期的に結着が維持されれば、糸が緩んでも戻るまでの時間を稼ぐ事が出来ます。そしてその為には、腕の良い施術者を見極める事が欠かせないと言えます。 カウンセリングを通して充分なリスク説明が為されているか、実績や技量は確かかといった点を多角的に見極めて施術に臨むのが肝心と言えます。