手術の方法

パッチリとした二重まぶたに憧れて、美容外科クリニックで二重まぶた形成手術を受ける人が大勢います。数ある美容整形手術の中でも最もポピュラーな手術であるため、昔からたくさんの人が手術を受けていますが、手術の方法によってかかる費用が倍くらい違ってきますので、注意が必要です。また、価格だけではなく、仕上がりの印象も変わってくるということを覚えておく必要があります。現在、美容外科クリニックで受けられる二重まぶた形成手術は、切開法と埋没法の2種類に大別することができます。昔からよく行われてきたのは切開法による手術ですが、近年になって埋没法で二重まぶたにする人が多くなってきました。切開法の方がくっきりとした二重まぶたにすることができますが、埋没法の2倍位の費用がかかります。

二重まぶたにすることができれば、きっと理想の顔になることができるはずだと信じて手術を受ける人が大半ですが、稀に術後の自分の顔に違和感を覚えてしまう人がいます。手術自体は成功していたとしても、自分が想像していたような雰囲気にはならなかったというケースが全くないとは言い切れません。ほとんどの医師が事前のカウンセリングを十分に行った上で手術を行っていますので、患者が術後の仕上がりに不満を感じてしまうケースはレアケースだと言うことができます。ただし、レアケースとはいえ、皆無だというわけではありません。自分の思い通りの顔になることができないかもしれないという不安を抱えている人は、埋没法による手術を受けるようにするとよいです。埋没法の手術であれば、万が一仕上がりに満足できないようなことがあったとしても、糸を外すだけで簡単に元の状態に戻すことができます。